Archive for the ‘ライターの仕事’ Category

備忘録

3月
2017
17

posted by on ブログ, ライターの仕事

【黒川精一さんインタビューを実践するためのまとめ】

 

(企画を考えるまえに、頭に入れておこう!)
・本づくりで大切なのは、「読者がどうなるとうれしいか?」を常に考えること。

・自分がうすうす思っていたことに、あと一人同じことを思っていた人がいたら企画になる。悩みの深さよりも広さ。
・テレビの企画は、今流行っていることに実感が伴ったときにGOサインが出る。
・悩みとそれを解決することに実感が持てる手段があってこそ、実用書。悩みに対して、「それやってみたい!」という手段を提供するもの。

 

(それでは実践!)

 

  • 企画には2通りしかない

1)その企画で喜んでくれるお客さんが確実にいる企画。

2)もしかしたら喜ぶお客さんがいるんじゃないかな?という期待を込めた企画。

外さない企画とは1のこと。

 

その際、各ジャンルにどのくらいのお客さんがいるか見当をつけておく

ex)お金、健康、ダイエット、食事、家族、日本語、英語などのメインテーマをさらに細分化する。

お金・・・男性向け金融投資、不動産投資、自己啓発的なし光景、副業、女性向けの節約、貯金、家計簿活用

 

書店でどの棚に置かれているかも入念にチェックし、なんとなくビジネス書のコーナーに行く人と直線的にテーマを探しに来る人で訴え方を変えること。著者がさだまったら、そのジャンルに何を掛け合わせることができるのかを著者と話しあう必要がある。

「なぜその著者でその企画なのか?」と思わせるような企画は楽しい。

 

  • 著者さんの、肩書き=専門とは考えない。何を語ってもらうと、一番生きるのか?を見ていく。

・プランC(下記参照)をみつけるために、いろいろな常識を著者にぶつけていく。
例えば、「退職してから3000万円必要といわれているけど本当ですか?」など。その返答を裏切ってくれる人が適任。それを一般化するところまでメソッド化するのも編集者の仕事。

 

プランC、メソッド、仮タイトルがはっきりした段階で、執筆に入る。

 

③その企画に類書があるかないか?

1)これまで市場にない本
ライバル本に勝つための本なのか、ライバルがいない独自市場をつくる本なのか?を見定める。

2)すでに市場にある本
Pubラインで検索。myメモ・・・難しければ、紀伊国屋webで検索してみる。
各ジャンルにどのくらいのお客さんがいるか見当をつけておく

お金、健康、ダイエット、食事、家族、日本語、英語などのメインテーマをさらに細分化する。

たとえばお金なら・・・男性向け金融投資、不動産投資、自己啓発的なし光景、副業、女性向けの節約、貯金、家計簿活用など

 

これらは書店でどの棚に置かれているかも入念にチェックし、なんとなくビジネス書のコーナーに行く人と直線的にテーマを探しに来る人で訴え方を変えること。著者がさだまったら、そのジャンルに何を掛け合わせることができるのかを著者と話しあう必要がある。

その際には、「なぜ、その著者でその企画なのか?」と思わせるようなものにするのもあり。

 

④ダメと思われる企画をいかにして魅力的な企画にするか?

1)商品を変える
・以外なものと組み合わせてみる
例)サンドイッチを何段にするか?では新鮮味がない。なので、青空✖サンドイッチ、寝る前✖サンドイッチ、おせち✖サンドイッチ、暴力✖サンドイッチ、長寿✖サンドイッチなどと組み合わせ。
・「みんながうすうすわかっていること+ちょっと新鮮」を実践してみる。
例)みんなはうすす「指を動かすとぼけない」ことは知っている。そういう信頼感のある知識に新鮮さをプラスし、「指→親指」に。すると、読者は「親指が大事だったんだ!」という新鮮な反応をしてくれる。
2)お客さんを変える

・別のくくりにしてみる
例)サンドイッチは「時間がないときに食べる」ことが多いから、時間の使い方に関心のあるビジネスマン向けに作るか?→「多忙な一流ビジネスパーソンのための 片手で食べられる食べ物」という企画。もしくは、簡単につくれるから中高年向けの「健康志向サンドイッチ」など。
その際にも、置かれる棚を意識してそれまでサンドイッチに興味のなかったお客さんに向けてアプローチする。

 

⑤カバー・タイトルについて

・入れる要素は、「目的・手段・社会的シグナル、評判、距離、アイコン」。
目的・・・「どうなれるとうれしいか?」という、いわば悩みに対する読者とのお約束。タイトルに入れる。長いタイトルはどこか一部分だけをすごく強調するようなデザインにすると、読者は「自分ごと」だと思ってくれる。
手段・・・目的をどんな「手段」でかなえるか?解決法やノウハウなど。パッとみただけで「やってみたい!」と思ってもらえるかどうか。できるだけ具体的に

「加熱→長時間加熱」、「プログラム→4週間プログラム」といった具合に。逆に、あえて手段はふせておくこともある。

 

社会的シグナル・・・所属意識やアイデンティティ。たとえば、「一流の教育を受けさせたい親」か、「自主性を尊重したい親」かによってカバーデザインを変える。読者が「自分はこの世界に行きたい」「これらの仲間入りをしたい」とおもってもらえるかどうかがキモ。

評判・・・10万部突破!全米ベストセラー!といった推薦文やレビューなどによって、手に取ることを後押ししていく。買っても損をしないし、ステイタスも傷つかないということを伝える。「安心感」。

 

距離・・・この本が「これならてがとどきそう」「ちょっと背伸びすればできそう」ということを提示する。要は、挑戦欲を刺激する。狙い所をさだめておくのがキモ。
「それは無理だ」と思われない内容になるよう、著者さんと話し合う。読者がうれしい内容になるように。

 

シンボル・・・「あの赤い本ね」「あの外人の子供の本ね」と言われるような、記憶で結びつくビジュアルのようなもの。類似本が他社から出ても、陳腐化できるというメリットがある。写真じゃなくても、文字でもOK

 

 

以上は企画の段階でも必要なので、企画段階からカバーデザインを考える。

「タイトル」

・目的=タイトルになることが多い。その際には、たとえば「腰痛が治る」なら「いつもじんわり思い腰痛がウソのように消える」としたほうが、「それ、私!
」とおもってもらいやすい。一歩踏み込むこと。

 

⑤原稿について

読者に関係ないことを、削る。「20代に向けて、将来のお金の不安を取り払う本」という方向性なら、どんなに一般論であっても、退職金の使い道については削る。もしくは初任給の使い方に書き直す。読み手が内容に引き込まれていくには「自分に関係してる内容かどうか」が大きなポイント。

 

全体を3つのブロックに分ける。
はじめに・・・なぜ自分がこれについて話すのかを書く自己紹介。著者がやってきたことの結果や信頼性。
1ブロック目(第1章)・・・盛り上がりと、その本をなぜ作ったかという大元になるような「問い」を入れる。その際、導入には別の話(例としてプロフェッショナルの蟻や、親指の労災など)を入れるのも一つの手。
2ブロック目(第2〜5章)・・・「問い(親の問いを解決する子の役割)」の解決法と、なぜそうするのか理由を書く。今日から実践したくなるような解決法を書く。
3ブロック目(それ以降)・・・盛り上げと結論、新しい問い。
あとがき・・・なぜ自分はこれにこだわってきたか?を書くなど、すごく個人的なことを書く。なぜ、これを始めたかという「原因」を書いて人間性に踏み込む。

 

「問い」で大切なことは、前提とする悩みに共感があるかどうか?しみじみとする問いであって、結論ありきの「売るための問い」ではないことが重要。ここでは、「自分に都合のいい問い」ではないかをチェック。

 

問いが整理できたら、解決法を明確にする。科学的エビデンス、生徒さんの体験など。その上で最後に、「これまでの解決法方をやってみると、あらたにこういう問題が発生しまうよね」とネタ振りして、次の章につなげていく。

改行で読むスピードを調整する。テンポよく読み進めて欲しいところは、改行を増やす。逆にスローペースにしてほしいところは改行の回数を少し減らす。そして、結論は必ず次のページに引っ張る。
これらが、きちんと役割を果たせているかどうか、足りないとすれば何を付け加えるべきか、読者の感情をグラフにする。
 

⑥PRについて
本をテレビで特集してもらうために、自分が出したいコーナーの構成要素を企画段階から書き出す。
そして、「なぜ、それを取り上げるのか?」という証拠、山積みの本、行列、生徒が絶賛する客観的な絵を示す。苦しいや痛い、はむしろテレビ的スパイスになる。

【チェックポイント】
・書籍を作っている間に気をつけるべきこと・・・原稿とカバーデザインで読者がぶれないこと。
・人は、小さな妥協をしながら買い物をしている。たとえば、「料理がうまくならない」という悩みがあったときに「きちんと料理」と「ぱぱっと料理」があればどちらかを選ぶけれど、そこには小さな妥協がある。だったら、そこにC案「短時間だからこそ、すごくおいしい」という企画を出す。いわば、プランCとは読者の「うれしい」。正確には、「正しくて、うれしい」。

 

 

posted by on ライターの仕事

[amazonjs asin=”4865880127″ locale=”JP” title=”最強の菌活! 玄米でプチ発酵 万能酵母のつくり方”]

今年の後半からお手伝いさせていただいた
「最強の菌活!玄米でプチ発酵 万能酵母液のつくり方」が、
ビオ・マガジンさんより、10月後半に発売となりました。

タイトルには、「菌活」「玄米」「発酵」「万能酵母液」と
さまざまなキーワードがふくまれていますが、
要は、これまでにない「New菌活アイテム」のつくり方や効能などをご紹介している書籍です。

琥珀色をした玄米酵母液は、その名の通り「玄米」を発酵させてできる
最強の菌活アイテム。
なにが最強かというと、それは菌の「生命力」がめちゃくちゃ強いということ。
万能酵母液に含まれている「玄米菌」は、
胃酸をくぐりぬけて腸までしっかりととどくのはもちろん、
氷点下でも100℃以上の過酷な環境下でも死なないという、king of 菌なんです。
腸内に入ると、玄米菌は他の菌の統率をとって、腸内環境を整えてくれる作用があるのだとか。

それによって、お通じの改善、美肌、口内環境の改善、免疫力を高めるなどの反応が見込めて、
多くの体験者が持病の「好転」を実感したり、
「疲れにくくなった」などの体験をされています。

しかも、万能酵母液は飲むだけじゃなく
お肌につけたり、お風呂に入れたり、料理やお掃除にも使えてとっても便利なんですよね。

ちなみに、私も現在万能酵母液を愛飲・愛用しているのですが、
洗濯のときに柔軟剤がわりに入れると、衣類やタオルがふわっと仕上がっておどろいています。
スプレーボトルに入れて肌にも化粧水として使用していますが、
もともとアトピー体質で「ゆらぎ肌」だったのが、
なんだか、乾燥する冬になっても肌質が安定しているような。

堂園さんは、こうおっしゃっています。

「人は長く『菌』と共生してきました。それが、昨今の行き過ぎた抗菌ブームによって、あらゆる菌が悪者にされてパワーダウンしてしまっている。私は、万能酵母液を通じて世の中の菌レベルを上げていきたいのです」

そう。これって本当に大切なことで、
腸内だけでなく、肌にだって頭皮にだってものすごい数の常在菌が住んでいて、
本当は私たちの 身体を外敵から守ってくれている。
だから、本来ならそのバランスさえきちんと保てていれば、ちょっとやそっとの外敵によって、私たち自身がダメージを受けることはないはずなんです。
だけど、たとえば日頃から強い抗菌作用のある化粧品などをつかい続けていたりすると、
常在菌まで生きられない無菌状態となり、環境の変化に対応できなくなってしまう。
つまり、私たちは温室育ちの弱い肌を、あえて高額なお金を払ってみずからつくっているようなものなんですよね。

玄米酵母液は、そうした「無菌」の弱点を克服して、
「共生菌」を味方につけるための心強いアイテムなのです。

しかも、これまでの高価な酵素ドリンクなどとはちがって、
玄米・黒糖・塩・水からできる、とってもリーズナブルな菌活アイテムですから
誰でも簡単にはじめられます。

ぜひ、みなさんの「菌活スタートアイテム」として活用してもらいたいのですが、
なにせ、市販されているものではないので
本書を活用して作ってもらえたらな、とおもいます。

amazonでは「入荷待ち」が続いていましたが、
最近になって購入できるようになりました。

少しでもご興味を持っていただけたらうれしいです。

posted by on ライターの仕事

書籍って、完成までにそれなりの時間がかかるものだし
だからこそ、短スパンで記事を仕上げる雑誌とは求められるものもちがってくるのだけど、
それだけに、リスクもある。

たとえば、昨年からすすんでいた書籍の企画があって、
そのために、10冊以上の書籍をよみ、自分なりに企画を練っていた。

それが、先月になって話ごと流れてしまった。

すでに、「モード」に入っていただけに
どうしようもないことだとはおもいつつ、その間の時間というものの価値を考えると泣きたくなる。

もちろん、10冊分の知識は健在なわけだし、「知識は積み上げだ!」という人もいるのかもしれないけれど、
フリーライターって、時は金なりを体現して仕事にしているわけで・・・。

しかも、こういうことが最近つづいているのだから困りもので
そうなってくると、ちょっといろいろと(付き合い方とか)考えざるを得なくなるなあ。

そんなに、お金にがめついライターではないと自認していて
けっこう安価の案件でも、興味があればくらいついてやっているのだけど
やっぱり、これではモチベーションが維持できないかも。

むむむむ。

2016年のお仕事

2月
2016
27

posted by on ライターの仕事

2015年にお手伝いさせていただいた書籍が
順調に売れていて、3刷までいきました。

ありがたいことです。

今年は、前回のおてつだいさせていただいた著者さんのべつの本や、
はじめてのレシピ本などの機会もいただき、
いまのところ、4冊が確定しています。

完成は、もしかすると年をまたいでしまうかもしれませんが
また、発売されたらおしらせいたします。

posted by on ライターの仕事

そして、もっともっと昔になりますが(汗)
昨年の8月頃、青汁だけで25年以上過ごされている森美智代先生の

「断食の教科書」も発売中です。

こちらは、編集とブックライティングでお手伝いさせていただきました。

posted by on ライターの仕事

もう、去年のことになりますが
12月に編集とブックライティングでお手伝いさせていただいた書籍が発売中です。

発売直後から、アマゾンの家庭教育カテゴリーでベストセラー書籍となり
うれしいかぎりです。

表紙のアロエベラのイラストなども担当しました。

 

posted by on ライターの仕事

DSC_0432-1

「日本が誇るべきすぐれた地方産品」を選定し、海外に広く伝えていく冊子、

「The Wonder 500〜story book〜」の、ライティングをおてつだいさせていただきました。

分厚いカタログが、粋な黒い風呂敷に包まれてわが家へやってきたので、おどろきました。

公式webサイトでも紹介されています。https://thewonder500.com/

posted by on ライターの仕事

A子:「何の仕事している人?」

私:「フリーでライターをしています」

A子:「えー、なんかすごーい!それで、何しているの?」

こんな会話を、私はこれまで何度もしてきました。
でも、それも仕方のないことだと思います。
一般の方には、フリーライターなんて、ちっともピンとこない職業なのですから。

それに、ひとくちでフリーライターといっても、本当に多種多様です。
私は、「取材記事」をメインとするライターで、
なかでも、人物をピックアップした記事を多く手掛けています。

仕事の流れはざっと、
取材対象者のもとへ行き、1~2時間ほどのインタビューをおこなって、
3,000~4,000文字の文章にまとめるというもの。

その場合には、私がインタビュアーとなったり、
別にインタビュアーがいて、私が追加の質問を担当することもありますし、
ときには、私は現場へ行かずに取材データだけを受け取って、
原稿を作成することもあります。

ただ、やはり自分で取材した記事は、仕上がりが違います。
語り手の意志や本音は、言葉だけに集約されるものではなく、
表情や声、そして、ちょっとしたしぐさに隠されていることが多いのです。

語り手が、「その質問を待ってました!」とばかりに、
目を輝かせて話し出す瞬間などは、
やはり、その場の「空気」の中でしか感じられないものです。

そうした取材を経て、ライティングに入るわけですが、
文章作成において私が最もこだわっているのが、
語り手の言葉をただまとめるのではなく、
人柄や取材時にみせた表情、その言葉の裏側にあるもの、
その場の「空気感」を、文章にして伝えることです。

語り手が話した内容をまとめるだけなら、
正直、誰が書いてもそこまでの差はありません。

ただ、引き込まれるように読んでしまう文章には、
熱く語った「カッコ」の横に、語り手の〝つばの跡〟が見えてきます。
そんな温度の高い文章だから、読み手が引き込まれてしまうのです。

そんな記事を、書き続けて行こうと思っています。