コルクラボマンガ専科の4期生となって5カ月

5月
2021
01

posted by on 読んだ本と映画とか

大変、お久しぶりでございます。

前回の更新が2017年と知り、驚愕しました。
まったく更新してこなかったにもかかわらず、

こちらのサイト、なんやかんやで、新規で200人くらいの方が
毎月おとずれてくださっていたみたいで、
本当に感謝しています。なんと、お礼を言っていいか・・・。
ありがとうございます。

不義理を働いていた4年の間に、私が何をしていたかというと
日経BPのwebサイトの編集部にがっつりかかわり、
web編集者として働いたり、
今年からは、コルクラボマンガ専科の4期生に編集者枠で入らせていただき、
なんと漫画を描くこともしていました。

え!マンガ? という感じですが、

実は、私、ずっと、幼い頃から漫画家になりたくて、
20代になっても漫画を描いていたのです。

箸にも棒にもかからず諦めていたのですが、
昨年、新型コロナによるパンデミックで外出自粛となり、
「いつ死ぬかわからないんだよなあ。私にとって、何が心残りかな?」と
考えた時に、あれほどなりたかった漫画家になれていない、ということが

本当にくやまれたんですね。

自粛中に読んだ、鬼滅の刃にもめちゃくちゃ感動しまして
「ああ、今からでも漫画にかかわって生きたい!!」と強く思ったのです。


実際、今は、日経クロスウーマンDUAL(旧日経DUAL)の中でも
2つの漫画を担当させてもらっていまして、

「夫にだけやさしくできない」
https://dual.nikkei.com/atcl/column/19/082200029/022400015/

「うちのママ、超テキトー」
https://dual.nikkei.com/atcl/column/19/030100115/033000001/?i_cid=nbpdual_sied_p_comic

「夫にだけやさしくできない」は、途中から。
「うちのママ、超テキトー」は最初から、
原作者としてもかかわらせてもらっています。

美術を学んできたわりに、自分の絵にコンプレックスのある私ですが、
作画を担当してくださる作家さんたちが、
私の拙いストーリーをめちゃくちゃ生き生きと描いてくださって、
おかげさまで、多くの読者に読んでもらっています。

コルクラボマンガ専科に通おう!と思ったのも、
担当マンガを、媒体を超えて多くの読者に読んでもらえる漫画にしていきたい!!

と思ったためでした。

今後は、記事以外にも、漫画などの発信も
ぼちぼちしていけたらなあ、と思っていますので
改めてよろしくお願いします。


マンガ専科で久しぶりに描いたイラスト