とりとめのないことを書いてもいいのでしょうか?

2月
2016
14

posted by on ブログ

昔、といっても、10年くらい前のSNSが到来する少し前のことだけど、
ブログはもっと個人的なものだった。

いつからか、それがオフィシャルなものになって
SNSと絡まるうちにどんどん加速していって、

私も、いつのまにかお金をもらって文章を書くようになったりしたものだから、
すっかり、自分の本音や気持ちをひっそりと書く楽しみを失ってしまったようにおもう。
「ひっそりならば、日記のように勝手に一人で書き綴れよ」とおもわれるかもしれないけれど、
だけど、それは体重計にのることなくダイエットを続けることに似ているような気もして。

それで、こんなにも閲覧数の少ないブログでなら
そういうことをもう一度やってみても良いのではないかとおもいました。

それとも、ライターを名乗る以上は、
言葉は、だれかの役に立つものでなければいけないのかしら?

そういう意見をいただくまでは、ちょっとぼやっと文章をつづってみようとおもいます。

宜しくお願いします。