1点にこだわる言葉(メモ)

2月
2016
16

posted by on ブログ

「とりとめのないこと、メモ」

言葉をつかう仕事をするなら、
ただひとつの、「ほんとう」をあらわす言葉を
「点」でさがさなければいけない、のだとおもった。

それは、和紙ににじむ薄墨のぼんやりとした点ではなく、
0.1mm以下のまっくろで輪郭のはっきりとした点。
だから、さがすのは簡単ではない。
ときには、和紙の色が黒かったりすることもあって、つらいし、精神をすりへらす作業だろうとおもう。

だけど、つくる側がそうやって、
くっきりとした、ただ一つ「これ」だという点を見つけだすことができたのなら、
読み手の心に、じんわりと広がる薄墨の一滴を落とすことができるかもしれない。

そのわずかな可能性を信じて、わたしは書いているのかもなあ。