日々のあれこれ・備忘録

1月
2017
17

posted by on ブログ

毎日の記録をつけよう。備忘録として。

でないと、ほとんどの時間を自宅で赤ん坊と過ごしているので
あまりに幸せすぎて、ものごとを意識的にとらえることができなくなってしまいそうだから。

皆川 明×糸井重里 http://www.1101.com/mina2015/
本当なら今すぐ読みたい記事。

だけど、ののこ(娘 1ヵ月)が泣いて起きてしまったし
もう、4歳児である長女 のお迎えがあるから、忘れてしまいそう。

いつ、読めるかな?みんなが寝静まった夜?

妊娠中に読もうとおもって買っておいた書籍は
もうほとんど読み終わってしまったので、
谷川俊太郎さんの「ひとり暮らし」を再読。

一度目にはきづかなかった
【由無し(よしなし)】という美しい言葉に出会ったのだけど、
よく考えると、これまた昨年再読した「徒然草」の有名な冒頭のことばだったのか。

こういうの、ぱぱっと結びつけられるくらいの知識がほしい。

以下引用。

徒然なるままに、日ぐらし、
(なんとなく一日中)

硯に向かいて、
(硯に向かって)

心にうつりゆくよしなし事
(心の中に浮かんでは消えていくとりとめもないことを)

そこはかとなく書きつくれば、
(あてもなく書きつけていると)

あやしうこそ物狂おしけれ
(まるでなにかに憑かれたように筆が止まらない)

そこで調べてみると、
この【よしなし事】という意味が、思った以上にいろいろな意味をもっていました。

①理由がない。根拠がない。
②方法がない。手段がない。
③つまらない。とりとめがない。くだらない。無意味だ。
④関係がない。縁がない。

とりとめがないことなどつまらないし、くだらない。第一根拠がないではないか?
そんなことは無意味だ。

なんて、よしなし事だけで一文が完成してしまえるほど
含蓄のある。

いつか、使おう。