残酷な鏡

2月
2017
01

posted by on 読んだ本と映画とか

スクリーンショット 2017-02-01 13.00.29

 

化粧鏡を買いました。

三面鏡、2倍・3倍鏡付き、LEDライト付きという、
それはそれはハイテクな鏡です。

だけどその鏡は、私にとって残酷きわまりないものでした。

どう残酷なのか?

これまでまったく見えていなかった、たるんだ毛穴、
ニキビ跡、うぶ毛、、肌ムラ、乾燥、ファンデーションのよれ、
カサつき、左右差、シワなんかが、

なんの遠慮もなく、私の目に真実をつきつけてきたのです。

 

 

実感としては、
ほとんど「これ、何年後の私?」
ってなかんじです。

 

いえいえ、「残念ながら、それがあなたの今です」と、
鏡は言いました。

 

絶句しました。
そして、私は鏡にたずねました。

 

「では、いつから私はこんな顔で外を歩いていたのかしら?」

鏡は言いました。

「私はあなたのところへやってきたばかりなのでわかりません。
ただ、昨日今日じゃないことだけは、たしかですよね」

 

ジーザス!!