お誕生日

2月
2017
08

posted by on 読んだ本と映画とか

昨日は、37回目の誕生日でした。

休みをとってくれた夫に甘えて、同じく誕生日が近い姉と築地へ。
ハイネケン1瓶(350ml)、日本酒3合、モヒート1杯。。。

昨年の4月に次女の妊娠がわかって以来、ここまでお酒を呑んだのは久しぶり。

その間、娘は冷凍していた母乳とミルクで過ごしていたんだけど
ひさしぶりすぎて、なかなか体からアルコールが抜けていかない。

ということで、今も夜な夜なミルクをつくっていておもったんだけど、
母乳ってめちゃくちゃ楽だよね。
ミルク育児しているひとたちは、こうして夜な夜なミルクをつくっているのかとおもうと、頭が下がります。

思い出したのだけれど、母乳の味って、赤ちゃんが飽きないように最初は薄味に、後半は濃い味に変化するらしく、
栄養面でも、新生児期と9ヵ月頃ではずいぶん変わっているらしい。

母体の神秘。生命の不思議。

昔、小児外科の女性医師を取材させてもらったときに言っていたけれど、
タンパク質の分解酵素であるプロテアーゼって、
生まれたばかりの頃にはまだ分泌されていないのだとか。

で、「そろそろ離乳食がはじまりますよー」っとなる6ヵ月頃になるとちゃんと分泌されるようになって、食べたものを消化できるようになるというのだから、
ほんと、人体ってうまくできているよなあ。

ちなみに、その医師に「これまで手術したなかで、一番小さい赤ちゃんってどれくらいですか?」と訊ねたら、
「400g」

という返答が。

400gで生まれたことにもおどろきだけど、
そんな小さな赤ちゃんに開腹手術するなんて!と衝撃でした。

現代医学って、すごいなあ。